初!山梨の貝煮  かいやさんの白磯煮貝を食べてみました   

グルメ お土産

海のない山梨県の名産。
その昔、駿河湾でとれたアワビを醤油漬けにして、お馬さんの背中に乗せ。
その背中の暖かさで煮汁が浸透したとか。わぁ素敵。

お馬さんの背中の温かみを感じる食べ物だったのですね。

サービスエリアなどでも煮貝はいろいろあるけれど、なかなか自分で購入する機会がありませんでした。

がっ!今回はお土産で頂いたので、初煮貝でございます!

煮貝の食べ方

大切に、大切に冷蔵庫の中に入れておいた煮貝ちゃん。

しかし、どうやって食べるものなのだろう、と検索すると・・・

山梨の煮貝の食べ方とは?美味しく食べる為のポイントを紹介♪
山梨の特産物である煮貝。この煮貝を美味しく食べる為にはどうしたらいいか悩みますよね。今回は山梨の煮貝の美味しい食べ方を伝えています。

貝から外すのがちょっと大変そう。

そんな風に思いながら、パッケージを開けてみると。

じゃーん、貝から外してありました。

 

お汁から取り出した煮貝さん。裏。

ブレブレになってしまったこちらが表?

肝がついているけれど、外す説、一緒にたべると美味しい説があるので、

おいしくなかったら、食べながらはずそうとそのままにして。

きゅうりと食べると美味しいらしい

薄く煮貝ときゅうりを切って並べてみました。

煮貝実食

アワビって、コリコリした歯ごたえが私はあまり好きではないんだけれど、

(コリコリした食べ物は苦手かも)

これはホロホロまではいなかいけれど、やわらかく煮汁が染み込んでいてとても美味しい。

でもご飯のおかずというよりも、お酒のつまみという感じかしら。

ご飯のおかずに食べるものなのかなぁと思ったら、ご飯向けにもっと味漬けの濃い瓶詰めとかもあるみたい。

なかなか自分では買わないけれど、煮貝はもらうとうれしいモノだと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました