かつやグループのちょっと高級な雰囲気 とんかつはま田 横浜市青葉区美しが丘西店

グルメ お土産

横浜市青葉区美しが丘西の以前セブンイレブンがあった場所にできていたとんかつ屋さんが気になっていたので、行ってきました。

その名は「とんかつはま田

リーズナブルなとんかつ屋さんのかつやさんのグループ店とんかつはま田さんは、

東北の広大な大地で育まれた『桃豚』をつかって、軽い揚げ上がりを追求したパン粉を厳選し、温度を変えた揚げ油で揚げられたこだわりのとんかつを提供してくれるお店なのだそうです。

とんかつはま田の桃豚とは?


病気のない状態で生まれてくるので、抗生物質や薬品をほとんど使わず大切に育てられた豚さんらしい。

桃豚さんについては、動画を見たら詳しくわかりますよ。

とんかつはま田のメニューから注文したのは

ロースかつ、ひれかつ、それぞれとエビカツのセット、それぞれと大粒カキフライのセット、えびかつだけ、カキフライだけ、カツ丼、なんと豚そばやカツカレーなどもあります。

今回注文したのは、私がロースかつとエビかつの定食。夫がひれかつとカキフライの定食。

定食はキャベツ、味噌汁、ご飯がおかわり自由なのですが、一度目のご飯は白ごはんまたは季節のごはんを選ぶ事ができました。

おかわりできるのでもちろん一度目のご飯は鶏ごぼうごはん。

ごぼうの香りが効いた、大きな鶏肉がゴロリとはいったすごく美味しいごはんで、

帰宅してからもなんとかあの鶏ごぼうごはんを再現したいと思いました。

(まだつくってはいないのですが・・・)

こちらもおかわり自由のお味噌汁。

不思議な味わいで、うーんなんだろう?とおもったら

たぶん荒くおろした大根。

お味噌汁になまの大根なかなか美味しい。

初めての味わいでした。

テーブルに用意されている器の中。

こちらもなんだろう?と思ったらガリ。

人参がガリに入っているのって珍しいなぁと思いましたが、なかなか美味しかった。

ロースかつとエビかつの到着。

荒ら目のパン粉はたぶん生パン粉。

ザクザクとした口触りで、上手に食べないとパラパラと落ちてしまいます。

桃豚さんは脂身が美味しい、これならヒレカツでも良いかなというぐらいの油の乗った豚さん。

そしてエビカツはミンチのエビと大きなエビがカツになっています。

最近エビをもとめなくなったせいもあるのかもしれませんが、

うーん、次はとんかつ、それもヒレカツ定食で良いかな〜というのが私の感想。

こちらは夫のヒレカツとジャンボカキフライ。

カキフライをひとつもらったらこれが美味しいこと。

エビカツにもタルタルソースがついていればよいなとおもったのと、

カキフライにももう少しタルタルソースの量があればよいのになと感じました。

このごまドレッシングがごますぎず、すっぱすぎずの絶妙なおいしさ。

キャベツが本当に美味しくたべられます。

お若い方達がテキパキと働いていて、とても気持ちよく食事をすることができました。

こちらはしっかりこってりと食べられるとんかつなので若い方におすすめかも。

とんかつなら私は、上品なお漬物が3,4種登場する釜炊きごはんのかつ工房和幸の歩みが丘店のほうが好みかも。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました