ご飯がすすむ上品なちょうどいい味付けの佃煮 鳴沢菜のしぐれ 

グルメ お土産

先日山梨でたくさん購入してきたお土産。

賞味期限の短いお菓子から食べて、やっと佃煮に。

鳴沢菜しぐれは野沢菜のようなお漬物の菜っ葉ではなくて、佃煮なのだそう。

菜っ葉の佃煮、おもしろいじゃないの。(井の頭五郎風)

鳴沢菜しぐれの原材料

きくらげ、鳴沢菜、こんにゃく、紫蘇の実などなど。

こんにゃくは糸こんだそうで、糸コンラブな私は楽しみでドキドキ。

よくあるお漬物っぽい見た目、つぶつぶが見えるけれどこれはなんだろう?

どーん。開けてみました。お醤油と紫蘇の実のいい香りがします。

さて、ごはんたべるよ〜。

「ん?!なにするの〜。なにしてんの〜?」

人間の食べるもの、テーブルから。

はまだ何もあげた事がないので、欲しがらない良い子さん。

わービジュアルからして美味しそう。

しょっぱすぎない、甘すぎない。

上品な味付けで炊かれたしぐれ煮は、紫蘇の実の歯ごたえと香りがたまらない。

ちょっぴりでご飯がいけちゃう佃煮です。

うわーこれは美味しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました