山梨 ピンク・オレ飲んでみました

グルメ お土産

宇都宮のレモン牛乳、北海道のソフトカツゲン、鳥取の白バラコーヒー、沖縄のさんぴん茶等など・・・

地方限定の飲み物がありますが、今回発見したのが、山梨のピンクオ・レ。

少し前に登場した時には、ピンクと言えばの林家ペー・パー子さん達によるキャンペーンがあったとか。

今回購入したのは、中央高速のサービスエリアで、ひっそりと置いてあり、お二人の写真などは皆無でありました。

 

桃オレではなく、ピンクオ・レなのには理由があるのでしょうか。

果汁は1パーセントの清涼飲料水。

製造は笛吹市の会社によるもの。

フルーツオレと言えば、やはり栃木のレモン牛乳とくらべてしまいますが、レモン牛乳のレモンっぽいかなぁ?!とは違ったイメージ的なものではなく、

こちらは桃の味わいが果汁1%にちしてはしっかりとしています。

 

一度は絶滅してしまった、桃の天然水が復活したように桃味というのは意外と再現しやすいもので、みんなだいすきな味わいなんでしょうね。

 

500ミリパックにしてコンビニで売るのがいいとおもいます

山梨の地域限定の飲み物と言えばコレ!という地位の安定するには、やはりこのミニパックではなく500ミリ。
そして山梨県内のコンビニで販売する!というのが必須なのではないでしょうか。
部活帰りの中高生がコレを飲みながら帰宅する。
なんて事で、美味しさと地元愛でどんどん山梨限定の愛されドリンクになるのでは。
なんて勝手なこと思っています。
なかなか美味しい!おすすめです。

コメント