200人は入れる程の大きな露天風呂 蔵王温泉大露天風呂

宿 ホテル

大きな広々したお風呂、露天風呂に入りたい!

と広いお風呂を探して見つけた温泉第二弾は山形県の蔵王温泉大露天風呂です。

昭和にタイムスリップしたような趣と、開放感たっぷりの広々した温泉は、

日帰り温泉だけを目指して行ったり、また旅行のついでに立ち寄ったりと様々なプランで使えそう。

冬季は閉鎖されている為、2019年春4月からのオープンがとても楽しみです。

蔵王温泉大露天風呂 冬季三日間だけの特別開放!

通常冬季は閉鎖されている蔵王温泉大露天風呂ですが、2019年3月22日、23日24日の3日間限定で無料開放されます!

渓流のせせらぎを聞きながら雄大な蔵王の風に包まれて癒やされる、渓流露天風呂。

蔵王温泉大露天風呂
川の流れと野鳥のさえずり、蔵王温泉独特の硫黄の匂い、高原ならではのひんやりとした空気、目に飛び込んでくる大自然…蔵王温泉大露天風呂は源泉掛け流し。四季を感じ、壮大な自然の中に満ちる蔵王の湯で、心も身体も癒されてください。

標高900mもの高台にある『蔵王温泉大露天風呂』は一度の200人は入れる程の大きな露天風呂は、上流が女湯、下流が男湯。
強酸性の硫黄泉は殺菌効果が高い、と言われており石鹸いらずの湯と言われているそうです。

pH(ペーハー)/pH1.9

子供さんにはちょっとお湯が強すぎるかもしれません。

タオル販売、コインロッカー完備で手ぶらでふらっと立ち寄れる日帰り温泉です。

建物も趣があり、清潔感も○。

11月下旬から翌3月までは閉鎖。
春4月からのオープン時は朝六時半から夕方六時までの営業となります。
利用者専用の駐車場も完備されています。

大人550円 子供(12歳未満)300円

山形県山形市蔵王温泉荒敷853−3

蔵王温泉大露天風呂から歩いて行くことができる宿、ホテル

お楽しみの広々露天風呂に入った後は宿でのんびり。

そんな蔵王温泉大露天風呂から歩いていける宿をピックアップしてみました。

 

蔵王四季のホテル 【徒歩約13分】

離れ湯 百八歩(露天風呂)

 

蔵王連峰の麓に佇む、蔵王四季のホテルは、蔵王温泉大露天風呂から約徒歩13分。
こちらもおすすめの乳白色の硫黄泉の山並みを望みながら入れる露天風呂、「離れ湯 百八歩」があります。
夕食は、山形の名物「いも煮」山形牛、など山形の美味しいものを堪能。朝食も山形名物「玉こんにゃく」やわらび、ぜんまいの煮物などの健康料理がずらりとならぶバイキングです。

和室一例

こちら蔵王四季のホテルで1番予約が多いお部屋は和室12.5畳

ベッドも良いですが、お風呂上がりは畳でゴロゴロが気持ち良いですよね。

日頃の疲れを美味しい食事と、壮大な景色の中で楽しめる温泉が癒やしてくれそう。

蔵王四季のホテル

山形県山形市蔵王温泉1272

 

八右衛門の湯 蔵王国際ホテル 【徒歩約5分】

八右衛門の湯 

蔵王国際ホテルの自慢は、丸太の梁をむき出しにした構造の天井高最高6.5mの開放感ある「八右衛門の湯」乳白色の硫黄100パーセントかけ流しの天然温泉。
また姉妹館の湯巡りも無料で楽しめます。
ゆったりくつろげる和室、広々ベッドで癒やされる洋室など様々なスタイルに対応してもらえるお宿。
プライバシーとリラックスの為、極力客室への入室を控えているとのこと。

お料理一例

目にも美味しい山形の四季の味わいを楽しめる、和の御膳や山形牛や海鮮しゃぶしゃぶなどの夕食と、充実の朝食バイキングと美味しいものが勢揃いしています。

八右衛門の湯 蔵王国際ホテル

山形県山形市蔵王温泉933

 

蔵王・岩清水料理の宿 季の里 【徒歩約13分】

代吉の湯

強酸性白濁の温泉と無色透明弱アルカリ性の二種のお湯を楽しめる蔵王ではめずらしい純和風の趣の宿、季の里。
お部屋は和モダンを感じる、どこか懐かしいような雰囲気。
アロマサロンが併設されているので、心にも体にもプラスの癒やしも愉しめます。

お料理一例

やまがたの豊富な食材を使ったお料理は「清らかな岩清水」をイメージした自慢の逸品。純和風の宿にふさわしい、美しい和食が並びます。

蔵王・岩清水料理の宿 季の里

山形県山形市蔵王温泉1271−1

 

蔵王温泉 おおみや旅館 【徒歩約6分】

客室一例

なんと創業1000年以上の歴史がある、蔵王温泉随一の老舗旅館、おおみや旅館は、
心おどる大正浪漫な雰囲気の全館畳敷きのレトロな宿ではリラックスでできる事間違いなし。(全館禁煙)

源泉風呂泡風呂

お風呂もレトロ感のある木の香りが漂う良い雰囲気の中で美肌と若返りに効果がある!「源泉風呂」と「泡風呂」が愉しめます。

夕食のお料理は地産地消にこだわった山の幸満載の創作懐石料理。
朝食が身体にうれしい、やさしい和定食。
和定食の他にも、朝食無料サービスのフリーコーナーにはパン、コーヒー、ジュース、サラダなどの用意もあります。

蔵王温泉 おおみや旅館 

山形県山形市蔵王温泉46

蔵王温泉 たかみや瑠璃倶楽リゾート ‐RURIKURA RESORT‐ 【徒歩約12分】

 

ロビー

レトロフューチャーなロビーは、世界で活躍する工業デザイナー奥山清行氏が率いる山形カロッツェリアの家具が上品さを高めています。
ラウンジ ヒルサイドテラスの大きな窓からはまるで絵のような四季折々の景色が望めます。とくに夕日の時間の眺めがホテルの自慢です。

客室一例

リゾート感溢れるお部屋から、ゆったりくつろげる和洋室などお好きなスタイルで寛ぎの時間を過ごせる様々な客室。
お食事は地元の旬を活かした、常にフレッシュな状態で調理したお料理を景色とともに愉しめます。

蔵王温泉 たかみや瑠璃倶楽リゾート 

山形県山形市蔵王温泉三度川1118−7

 

五感の湯 つるや 【徒歩約9分】

窓から見える景色一例

4階・5階の客室から望む、飯豊・朝日連峰を見渡せる眺望がおすすめの宿、五感の湯つるや。
温泉地に来た事を感じる、懐かしい和室で寛ぎのひとときが過ごせます。

 

お料理一例

山形の旬の食材を郷土料理で提供してくれるお食事はどれもお肉が豊富でボリュームあり。

つるやのおすすめは4つの貸し切り風呂の「湯楽巡り」
洞窟の湯、北斗の寝湯、木の香の湯、恵の湯と趣の異なるお湯をそれぞれ貸し切りにて楽しむ事ができるので、さらに温泉が堪能できます。
もちろん男女大浴場も五感で楽しめる良い雰囲気。

五感の湯 つるや 

山形県山形市蔵王温泉710

深山荘 高見屋 -MIYAMASO TAKAMIYA- 【徒歩約6分】

 

本館・清風荘・深山荘

300年の歴史のある老舗旅館、深山荘 高見屋。
館内随所に広がる、日本の伝統美。モダンが心踊らせます。
また全23室の客室や和室、和洋室、露天風呂付きメゾネット、離れなど、どの部屋も感動満ち溢れる素敵すぎるお部屋となっているのが特徴です。

内風呂

またお風呂もお部屋に負けない、感動ある内風呂、露天桶風呂など他とは異なる素敵がいっぱいでまさにオトナの宿。

夕食は自慢の、基本の深山会席膳やグレードアップの山形の鋳物職人が仕上げた鍋でいただく高見屋名物 すきしゃぶ鍋など。

深山荘 高見屋 -MIYAMASO TAKAMIYA-

山形県山形市蔵王温泉54

 

蔵王温泉 松金や -MATSUKANEYA ANNEX- 【徒歩約12分】

蔵王温泉 タカミヤヴィレッジ ホテル樹林 -JURIN- 【徒歩約5分】

ホテル 喜らく  【徒歩約8分】

最上高湯 善七乃湯(旧大平ホテル) 【徒歩約3分】

 

 

コメント