寺泊でイカとサバの浜焼きを堪能! お土産もいっぱい買いました

グルメ お土産

初めて新潟へ行った時から。

大好きなのが、寺泊魚の市場通り(魚のアメ横)。

初めて魚を買って帰り食べてみて、「同じ魚で何がこんなに違うの?」というぐらい美味しかったのを思い出します。

いつかは新潟へ住んで、庭の七輪で魚を焼いて食べたい!そんな夢をもたせてくれた寺泊はあれから10数年経過しても、とても楽しい場所です。

年末に荒巻鮭を買って自分でカットした事もあるほど何度も行き、何度も買い物をした場所。

近頃は、もう良いかなと数年行っていなかったのですがひさしぶりの寺泊は、いつもと同じ風景でした。

10店舗ぐらいのこんなお店が連なっています

寺泊の変わらぬ風景。

こんなお店が10店舗ぐらい連なっています。

眼の前に大きな無料駐車場あり。

その先には日本海が広がっています。

店頭にはカニカニカニ

浜茹で紅ズワイガニ、1カゴ3匹で1500円は安い!

と思ったらこれは店頭で食べる特別価格みたいです。

持ち帰りは1匹600円ぐらいから。

カニとか、エビとかがいっぱい入った名物汁なんていうのもあって、美味しそうでした。

 

美味しそうな浜焼きにつられ

人が買っていると、おもわず並んで買いたくなってしまうのが、名物浜焼。

浜焼きは種類が増えてる~

イカ、貝、川魚、数種類の焼き魚など10種類ぐらいだった(と覚えてる)浜焼きはすごく進化して、2面ぐらいの種類が・・・

天然真鯛が1000円!

ヌタウナギ?!800円

シマホッケ、赤魚。

アジ、サバのまるごと、切り身。

サバのコンガリ美味しそうなこと、美味しそうなこと。

そして500円と400円のイカは大きさの違いかな。

まるごとよりも、さらに香ばしそうなサバの切り身焼き。

こちらもコンガリ赤魚~

というわけで、夫チョイスはサバの切り身。

私のチョイスは今まで何度も食べてきた。

イカです。ちなみに小さな400円のほう。

どちらも食べ比べ。

してみたけれど、イカは飽きてくるけれど、サバは飽きない。

次からはイカはやめて、焼き魚に挑戦しようと思う・・・(と何度も思っても次はまたイカを買ってしまう不思議。)

お土産いっぱい買いました! 氷無料でもらえます

3枚で1200円の開き。赤魚、アジ、シマホッケ。中でも一番期待していないアジが脂乗りがすごくて肉厚でおいしかった。

氷はセルフサービスでもらえるのも便利。

新潟から神奈川の我が家までほとんど氷は溶けないでキープしてくれた、

ドンキホーテで購入した1000円ぐらいの保冷ボックスはすごく優秀。

魚の他には、でっかいかまぼこと、栃尾あぶらげを買ったので煮物をつくる。

塩辛とか、珍味も充実してたので、

エビ明太と、タコが大きなタコわさを購入。

ご飯に乗せて。あぁたまりません。

 

 

コメント